金継ぎ教室の参加者を募集中です

初心者でも簡単!新うるしを使った簡易金継ぎのやり方

金継ぎについて調べてみると、『(しん)うるし』とか『簡易(かんい)金継ぎ』といった言葉を目にすると思います。

「かぶれづらい」とか、「簡単にできる」といったメリットが書かれているものの、中には「安全じゃない」「食器に使えない」といったデメリットも書かれていて疑問や不安になる方も多いと思います。

そんな方にもわかりやすいように、新うるしを使った簡易金継ぎのことについて説明していきます。

新うるしは商品名のこと

新うるしというのは、櫻井釣漁具株式会社から販売されている『ふぐ印 新うるし』のことです。

桜井釣漁具(SAKURA) ふぐ印 新うるし 金
created by Rinker

商標登録はされていないようなので、もしかしたら他のメーカーからも同じ名前で出ているかもしれません。
簡単に言ってしまうと、新うるしというのは商品名のこととも言えます。

新うるしは、うるしに似た塗料

では、新うるしは何で出来ているのかというと、(うるし)の木ではなく、カシューナッツの殻から抽出した物が多いです。

新うるしを作っているメーカーごとで成分や原料などは違うと思いますが、ほとんどがうるしに似せた塗料、合成うるしになります。

一般的に用いられている「合成うるし」には二様の意義がある。
すなわちその1は漆器に使用することのできる代用うるしの意味と、その2は天然うるしの主成分またはそれに類似する組成をもつ塗料という意味の二つである。
(中略)
天然うるしの資源のふっていから漆器に使用することのできる代用うるし塗料の出現は、この業界における久しい待望であった。
(中略)
天然うるしにきわめて近い皮膜を形成し、その塗装法も従来の漆工技術ともよくなじみ、ここ数年の間に年産約2,000tonをあげる盛況を呈した。

※『ふってい(払底)』…品切れのこと。

伝統的な金継ぎで使用されるのは本漆

金継ぎは室町時代から始まったという説もあるほど、昔から行われてきた技術です。

もちろん昔の時代に合成うるしがあるはずもなく、古来からの伝統的な技法には(うるし)の木から抽出される『本漆(ほんうるし)』を使用します。

また、金継ぎは本漆(ほんうるし)以外にも、小麦粉や金粉といった天然素材を使用して器を修復していきます。

簡易金継ぎは新うるしを使った金継ぎのこと

伝統的な金継ぎ技法では本漆(ほんうるし)を使用するとお伝えしてきました。

当たり前かもしれませんが、伝統技術ですから習得するのに時間がかかりますし、難易度も上がります。

そんな伝統技術とは対照的なのが、簡易金継ぎです。
簡易金継ぎでは、上で説明した新うるしや、接着剤・エポキシパテなどの人工的な道具を使って器を修復します。

現代の便利な道具を使うことで、手軽に短い時間で金継ぎすることが可能です。

書籍などで紹介がキッカケで流行?

最近だと金継ぎのやり方の本が書店にたくさん並んでいます。
その中で有名になったのが、『はじめての金継ぎBOOK』という本です。

はじめての金継ぎBOOK
created by Rinker

この本には金継ぎの道具が入っていまして、本を読みながらスグに金継ぎができるようになっています。
(実際には少し道具が足りませんが…)

道具がセットになっている点もあってか、店頭でも大きく紹介されていました。
また、著者がナカムラクニオさんということで、知名度の大きさもあったと思います。

ただ、上の画像に表示されている通り、道具に入っているのは新うるしです。
なので、本に記載されている方法も新うるしを紹介しています。

簡易金継ぎは良くないこと?

このページをご覧になっている方の中には、すでに『簡易金継ぎ』や『新うるし』といった言葉で調べてみた方もいらっしゃると思います。

冒頭でもお伝えしたとおり、検索してみると、あまりよくないことが書かれているのではないでしょうか?

大きく2つのデメリットについて書かれていると思いますので、それぞれ紹介します。

理由1、伝統を守らない行為である

金継ぎは日本発祥の伝統工芸です。
日本以外でも『kintsugi(キンツギ)』と呼ばれています。

そんな金継ぎですが、使われている本漆(ほんうるし)のシェアは9割が中国産となっており、日本のは1割ほどになります。

また、漆を木から採取するには漆掻(うるしか)き職人さんの力が必要なのですが、この職人さんたちも高齢化などが原因で年々減少しています。

(うるし)を守る、日本の伝統を守るという意味でも、合成うるしではなく本漆(ほんうるし)を使用するべき」というのが、簡易金継ぎが良くないと言われる理由の一つです。

理由2、道具が安全ではない

上で説明した通り、簡易金継ぎでは接着剤やエポキシパテといった道具を使用していきます。

こうした道具はホームセンターや東急ハンズなどで購入することができるのですが、市販されている物のほとんどが食器に使用できません

安全ではない道具を使用して修復した器を食器として使用しない方がいい」というのが、簡易金継ぎが良くないと言われる二つ目の理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA