fbpx
金継ぎ教室の参加者を募集中です

『小石原焼』とは?特徴や魅力、窯元のある東峰村を紹介

『小石原焼』とは?特徴や魅力、窯元のある東峰村を紹介

小石原焼(こいしわらやき)は、福岡県の東峰村で作られている陶器です。

村で採れる良質な陶土から作られ、どの器も素朴で温かみのある風態を感じます。

歴史 1682年ごろからはじまる
作られている場所 福岡県 朝倉郡 東峰村
種類 陶器
窯元数 約50
器の特徴 硬くて丈夫。日用品が豊富。

民藝運動で一躍脚光を浴びる。

小石原焼きが脚光を浴びたのは、1926年に思想家 柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司などによって提唱された「民藝運動(みんげいうんどう)」という生活文化運動です。

そこで柳達は職人たちの手によって作られた日用の生活道具を「民藝(みんげい)」と名付け、美は生活の中にあると語りました。

この暮らしの中で使われることを考えて作られ、使われることによって輝く。という考えは『用の美』と言われました。

「用の美の極致」小石原焼

陶芸家のバナード・リーチも小石原焼に魅せられた一人。リーチは小石原焼を「用の美の極致」と評しました。

その後、1958年にブリュッセル万国博覧会で、グランプリを受賞。小石原焼は広く知られ、今では村に50近い窯元が存在しています。

小石原焼の特徴

飛び鉋(飛びかんな)

『小石原焼』とは?特徴や魅力、窯元のある東峰村を紹介

一番代表的な模様です。

制作の過程で、ロクロで回転させながら土を削り取って模様をつけます。

等間隔の削り目は、シンプルながら美しいです。

様々な食材に合うこの模様は、食卓に並ぶとその魅力を発揮します。

東峰村の魅力

さて、江戸時代から小石原焼が作られている地、東峰村。いったいどんな所なのでしょうか?

東峰村地域おこし協力隊 荒巻悠太さんに教えて頂きました。

東峰村は「小石原村」と「宝珠山村」が合併してできた村です。

山林原野が約86%を占め、自然に囲まれています。また季節ごとに色々な草花が咲き、自然もいろんな表情を見せてくれます。棚田や行者杉など観光スポットもあります。

『小石原焼』とは?特徴や魅力、窯元のある東峰村を紹介
『小石原焼』とは?特徴や魅力、窯元のある東峰村を紹介
『小石原焼』とは?特徴や魅力、窯元のある東峰村を紹介

自然だけでなく、伝統や歴史も深く小石原焼という陶器もそうですが、修験道とも関わりの深い地でもあります。

また、国重要文化財の「岩屋神社」というものがあり、そこには「宝珠石」という約1400年前に降ってきた隕石が祀られております。:しかし宝珠石は薦で包まれており、宝珠石を直接見ると目が潰れるとされ、誰も見たことがないという謂れがあります。

『小石原焼』とは?特徴や魅力、窯元のある東峰村を紹介

小石原焼は窯元がそれぞれの展示場を持っており、40を超える窯それぞれ特徴があります。色んな窯を巡ることで違いを感じ、お気に入りの窯を探すことができる楽しみがあります。

窯元さんとも直接話すこともできます。技法や歴史・窯の特徴を教えてくれます。

ぜひ、一度東峰村にお立ち寄りいただき、色んな窯を巡り焼き物に触れ、生活の一部となる姿を想像していただきたいです。また、村内に広がる自然・歴史にも触れていただきたいと思っています。

Interview:東峰村地域おこし協力隊 荒巻悠太さん

のんびりとした美しい自然と、300年以上も作られている生活に根ざした焼き物。ぜひ次の旅行先に東峰村はいかがでしょうか?

東峰村の観光情報はこちらをチェック

金継ぎ教室(府中)のページにもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です